Field Note

TOP > Field Note >
HOME > BLOG >

風の彫刻 

 平地では雪解けから次々と福寿草が顔を出していますが、大雪山の稜線はまだ厳寒の世界です。森林限界からキタキツネやエゾユキウサギの痕跡を確認しながら尾根まで上りきると、強風が織り成す彫刻のような世界が広がっていた。ここまで上ると、雪は吹き飛ばされアイゼンが氷を削る金属音が響きわたり、静寂をかき消す。さすがにまだ、生き物の気配はありませんが、もう一月もしないうちに野生の息吹きを感じるだろう。

風の記憶

» Category:

Right-clicking is invalid.