Field Note

TOP > Field Note >
HOME > BLOG >

旅立ちと新たな始まり オオワシ

 連日、南風が吹き続けています。 この風でオホーツク海の流氷は遥か水平線へと離れ、 このまま海明けとなりそうです。すっかり雪解けた田畑には、 多くの白鳥やヒシクイ等の雁の仲間が南から次々と北上し、 姿を見せています。季節は駆け足で進み、 春の息吹が日々増しています。今季の流氷は、 大きな低気圧が北上しなかった事もあって、 荒波に揉まれる事なく白く綺麗な姿を保ち続けていました。

 オオワシたちも繁殖の為に北帰行を始め、 成鳥の姿もめっきり少なくなりました。春は、 生き物たちにとっても旅立ち、そして新たな始まりの季節です。

Right-clicking is invalid.